コールJUNブログ

コールJUNホームページを補足する。写真も掲載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第九発祥の地で第九を合唱

                            今成紘
 先月の10月27日から29日まで 徳島県で開催された国民文化祭に行ってきました。    
28日(日)には鳴門でベートーベンの第九交響曲とシベリウスのフィンランディアを歌ってきました。
鳴門は日本で最初に第九が歌われた場所として知られています。
 第一次世界大戦においてドイツ人の捕虜約5000名が日本に送られ、そのうち約1000名が坂東俘虜収容所(現鳴門市)に収容されました。
そこの所長が会津藩の出身で捕虜に対して寛容であったことから スポーツ、演劇、音楽 学習などが活発に行われ、地元民との交流も盛んであったといわれています。
 その中でドイツ人俘虜たちによって日本で初めて第九交響曲の演奏が行われたのです。男声4部合唱で行われたようです。
このエピソードをもとに映画「バルトの楽園」が作られました。
そのセットは今観光資源として鳴門にあります。まさに鳴門市は「第九のふるさと」を旗印にいろいろな文化活動を行っているのです。
 今回 第22回の国民文化祭が徳島県で開催され、第九の演奏はその目玉のひとつとなりました。(阿波踊りも大きな柱ですが) 
私は現在、習志野第九合唱団に所属しています。 今年で30回の演奏を迎えます。
徳島県から習志野第九合唱団に参加の要請があったようです。
北は千葉県から南は沖縄またドイツの姉妹都市リューネブルク市からの20名ほどの人も含めて23団体約460人が参加し、渡邉康雄(渡邉暁男の長男)指揮、徳島交響楽団の演奏で高らかに歌ってきました。
 翌日の徳島新聞の一面にその第九の演奏の写真が掲載されました。
その写真は下記のとおりです。新聞では私も前から2列目に写っていますが、
写真ではよくわかりません。
 私はこれから、12月2日(日)に大阪城ホールにおいて行われる
「サントリー1万人の第九」コンサート、12月23日(日)の習志野第九30回記念コンサート、来年2月24日(日)の「国技館第九」コンサートと3つの第九コンサートに参加します。
やや第九おたくになりつつあります。   これからも思い切り歌って
ぼけ防止をしたいと思っています。  (平成19年11月2日記)

IMG_1518l.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/11/02(金) 17:40:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

kilimanjaro     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。