コールJUNブログ

コールJUNホームページを補足する。写真も掲載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コールJUNコンサート

オッサンが歌う「こどもの歌」
2008年11月24日 18:00開演
新潟市音楽文化会館 練習室13

IMG3_convert_20081030093237.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/10/30(木) 09:36:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流山市合唱祭・初めての出演

今年の6月にコールJUNに入会しましたベース担当の岩悦康です。
先週10月18日(土)流山市文化会館にて開催された「第16回・流山市合唱祭」に初めて出演させてもらいましたが、これが、私にとりコールJUNの団員として大舞台での初デビューとなりました。
(正確に言うと、入会した翌月の7月に、斎藤代表よりのお薦めもあり、勇気をもって早々と美田の納涼祭に出演したのが、初めての小さなデビューでした。)
さて当合唱祭で歌いました「こんにちは赤ちゃん」他、計5曲は、田上先生、飯野先生、山本晴美先生の熱心な、そして楽しいご指導及び個人的な特別練習のお陰で、全曲を楽譜無しで団員の諸先輩達と楽しく歌えることができました。また白いお揃いのジャケットを着てステージに立った時、初デビューの喜びを実感しました。
暗譜ですが、実を言うと発表会が近づくにつれ、何とか楽譜なしで歌えないかと思い、それから、毎日の日課となっているウオーキングの時に、歌詞を書いたメモを持参し、それを時々見ながら小さな声を出して練習をした結果、何とか当日までに全曲暗譜することができ、本番で.楽譜無しで歌えることができ、ほっとした次第です。
楽譜を見ないで歌う方が楽しく歌えることを実感しました。但し、難易度の高い曲は、音そのものを覚えることが大変だと思います。また「へんじのうた」、「すっからかんのかん」、「二人は若い」で観客の皆さんより笑いと大きな拍手をもらった時は、合唱の楽しさと喜びを感じました。
歌以外のことですが、当日、団員の先輩達と共にステージ係りを承り、ピアノの移動、指揮台の移動など舞台の裏方の仕事を始めてやってみましたが、これもいい経験になりました。
まだまだ一人前のベース担当には、ほど遠い力量ですが、これからも、団員の方々と楽しく練習に励み、一日も早く先輩達に近づき、また何処かの発表会に出演できたらと思います。団員の皆様、今後共宜しくお願い致します。 
(2008年10月21日記)
  1. 2008/10/21(火) 19:52:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コールJUNに入会して

2008年10月20日  流山市美田  安 邦男
“コールJUN”に入会して2か月弱。「流山市合唱祭」が初舞台になりました。
合唱祭へのお誘いを受けた時は、まったく自信がなくお断りをしましたが、2度の個人レッスンを通じて何とかなるかなと思い、出場に至りました。
正直言って前日の練習までは、声出しに精一杯!! 
口をあけたり手を上げたりの動作には、皆について行けず、不安がありました。恥ずかしながら譜面に赤ペンで“○○の動作あり”との注釈を入れ、忘れ防止としました。
このようなこともあって、何とか間違わずに演奏を終えることができました。歌っている最中に客席から幾度かの拍手を頂いた時には、鳥肌が立ち、生涯忘れられない思いとなりました。歌い終わってからも、多くの方からとても良かったとのお言葉を頂き、更にジーンときました。
私のように、頭髪が少なくなり記憶力が減退した者にも、歌うことに多少の興味があり好きであれば、仲間(失礼)の助けもあり、道はおのずと拓けるものだとつくづく思いました。
私にとっては、これからも新しい曲との格闘が続くことになるでしょうが、1つの山を乗り越えた今、息長く歌うことを続けて行きたいと思っています。
“コールJUNの皆様”今後ともよろしくご指導のほどお願い致します。
また、新しい仲間が一層増えることを祈って、コーラス万歳!!
  1. 2008/10/21(火) 19:47:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kilimanjaro     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。