コールJUNブログ

コールJUNホームページを補足する。写真も掲載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

笑える話・笑えぬ話

全国の図書館に無償で寄贈されているエネルギー・レビューという名の専門誌がある。
以前編集員を務めていた縁で「珈琲こぼれ話」というコラムに何か書いてくれとの依頼を受けた。月に一度の飲み会に参加してはヨタ話しかしていない小生には、いささかシンドイことではあったが、とかく放射線の話となるとギシギシとキシムこの世に、ひとつくらい肩の力を抜いた話があっても良いのかなと思って書いた次第。以下にエネルギー・レビュー9月号に掲載した「笑える話・笑えぬ話」を紹介します。 (コールJUN テナー 中川晴夫)

笑える話・笑えぬ話
何年か前の保健物理学会の会合で、妊娠している女性の被ばく限度を特別に低い値に限定する、というICRPの勧告に沿い、被ばく限度管理上の諸課題について真面目な学者が集まり検討会が行われた。妊娠していない女性の被ばく限度は男性と同じ被ばく限度とすべきというところまではスンナリ話が進んだが、妊娠をいつ確認するのか、そもそも確認できるのか、妊娠の告知を求めるのか、求めないのか、求めるとすれば誰がそれを求めるのか、得た情報はどう管理するのか、という段になって議論が激しくなり、とうとう収拾がつかなくなってしまった。ある者は「それではセクハラだ」と怒鳴り、ある者は「データに信頼性の欠ける管理は管理と言えず、意味が無い」と冷ややかに応酬する。丁々発止の議論が最高潮に達したその時、会場から一声、「あなた方男性ばかりで私たちのことを勝手に議論しないでください」。その瞬間、会場は水を打ったように静まり返ってしまった。
あるとき、上野の博物館で英語の説明ボランティアをやっている古い友人に、このエピソードを話したら、「笑える! チャンスがあったらこの話を借りるよ」と返してきた。人に話をするときは、とにかく笑えるような話をしないと駄目だという信念の持ち主で、ボランティアで説明する前には、うけを狙った原稿を練り、「面白いか?」と聞いてくる。元々英語が苦手な小生には、英語では面白いかどうかよくわからず、いつも「まあ意味は分かったよ」と曖昧な返事をしてお茶を濁している。釈迦入滅図の説明に「北枕」の説明を加える挑戦では、頭が北で顔が西、すると釈迦を拝む人は東向きと、「犬が北向きゃ尾は南」と言った具合に話は進んでも、なかなか北枕を敬遠するところまで話が行かない。結局、「こりゃ何だ?」で終わってしまった。
それでも聖徳太子像を前にして聖徳太子の話を外人にした時のエピソードは笑えた。聖徳太子が実在の人物ではないとの説もあり、この像が太子の姿を現したものかどうか不明と説明する下りで、「私(友人本人)も太子の顔をよく知らないが、それは私の財布の中に太子が余り長く居た事が無いからだ」とやったところ、その説明を聞いた外人がニヤリと笑って「実は私も女王陛下の顔はよく知らないよ」と言ったそうだ。笑いが何時、何処でとれるのか、つかみどころがないが、もしあの保健物理学会の会場でこんなやりとりがあったらと想像すると楽しくなる。
先日、テレビで福島県郡山市に住む農家が故郷の原発周辺の水田で福島米の復興に取り組んでいる様子が紹介された。彼は事故後、郡山に妻と避難し、子ども夫婦と孫は東京に転居してしまったそうだ。事故後最初の生産米は栽培試験用とされ全て廃棄されてしまった。そして、次の年は全袋検査を経て自家用米として彼らが食べたが、残りの大半は備蓄米として倉庫に保管されてしまった。したがっていまだに彼の米は市場に流通していない。彼が生産したコメは全て食品安全基準を満たしており、さらに故郷のその他の農産物、海産物も基準を満足している。しかし、食糧の安全が確認されていながら、その一方で食糧を生産している本人はいまだに遠隔地から自宅に戻れず、孫たちとの団欒も戻ってきていない。まことに矛盾した話であり不思議な話である。放射線に対するいわれなき恐怖や風評が彼の帰還を遅らせ、故郷の復興を妨げているのだ。もしこれが遠い外国での話であれば、またもしこれが遠い昔の話であれば、人々は笑い話のひとつに入れてしまうだろう。しかし、今はむしろ暗澹とした気持にさせられてしまう。全く笑えぬ話だ。そんな中、遠隔地から故郷の水田へ通いながら、今年こそ福島の米を市場に投入したいと頑張っている彼の姿には明るさがある。この先にこそ笑える話が待ち受けているのだろう。
原子力村OB人 中川晴夫     

(注1)保健物理学会:正式名、日本保健物理学会。放射線防護の専門家が参加し、国際放射線防護学会(IRPA)の日本窓口学会でもある。
(注2)ICRP:国際放射線防護委員会。世界の放射線防護の専門家の代表で構成。
 放射線防護について勧告を行っており、各国はこの勧告を尊重し、大多数の国はこれを自国の放射線防護法令に取り入れている。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/28(金) 20:59:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酷暑続く、2015年、、、、、夏模様

                     コールJUN  伊藤幸二
”梅雨明け10日”の格言どうり、夏晴れが続くのは当たり前ですが、ここ数年天候不順も多かったのに、今年は既に20日以上猛暑続き、、、ざーと一雨が欲しいところですね。7月末から連日35度以上の記録的猛暑が1週間以上も続き、日本列島亜熱帯化でしょうかね、、、もう勘弁して欲しい酷暑の日々です。
クーラー嫌いの小生もさすがに連日の猛暑には参りました。
昼間からクーラーは点けっ放し、高校野球の放映をクーラーのなかでテレビ観戦するのも珍しい有様、、、、こんな酷暑が続く今夏前半、夏模様の日々を小学生時代の絵日記風?に綴ってみました。

真夏の風物詩と言えば先ず花火見物です。今年も学生時代の友人Y君から隅田川花火へのご招待が有り、梅雨明け後最初の週末(7月25日)、東京(江東・住吉の高層マンション)に出掛けました。クラス仲間でも無いのに卒業以来淡い付き合いが続き、今回も小生とは全く関係の無い彼の友人仲間(旧教育大付属・中高の友人や蕎麦打ち仲間等)7人程の常連に仲間入りしての参加でした。
生憎打ち上げ花火は階段の踊り場側で、専ら飲みながらの談笑が優先、結局花火はテレビのLIVE中継(テレビ東京)を見ながらの見物。隅田川花火より近くのスカイツリーや高層ビルの夜景の美しさが印象に残った一夕でしたね。

地元手賀沼花火は月初め(8月1日・土曜)、以前は孫達も集まり近くの利根川堤防や高台から見物していましたが、今年は家内と2人だけで夕涼みがてらの見物、、、、、遠い夜空に散る花火の華やかさと遅れて聴こえてくる鈍い音、、、、、遠く儚い昔の想い出に繋がっていきますね。

さて、猛暑日の記録更新が続く中、高校球児の聖地甲子園での高校野球が開催。今年は100年目の記念年だそうで、戦前4年の中止を除くと第97回目(戦後70回目)。
大会テーマ曲♪栄冠は君に輝く♪が聴こえてくるだけで心が熱くなるんです。郷里の代表の誇りと勝ち抜き戦の一発勝負の非情さが真夏の球趣を盛り上る。優勝校以外は必ず負ける中で球児のひた向きさに心打たれ、平和の証しとしても大会は盛夏を彩る最大の風物詩となっていますよね。
今年も初出場高は7校あるが、相変わらず私立の野球伝統校の出場が多い。
地元三重では、津商業高校が初出場となり、初戦を突破、次戦は京都の鳥羽高・第一回大会優勝の旧京都二中と対戦する事になった。
60年前(1955年第37回大会・高校1年生)に戦後公立校で初出場を果たし初優勝した母校(四日市高校)の再現を期待したい所でもある(結果は鳥羽高校には敗退)。
夏の高校野球となると、以前ブログ寄稿(2010年8月・ブログアーカイブ参照)、「甲子園物語」に書いたように、公立高校や初出場の弱小校への判官びいきの応援となるが、未だに高校野球にあるまじき絶対許せない記憶(松井選手への5連続敬遠事件)は消えない。今年も常連の明徳義塾(高知)が初戦敗退して心が安らぐのは、いかにあの時の怒りが大きかったかの証だが、当時を知るおじん連中も皆同じ心情なんですよね(高知・明徳フアンのみなさんごめんなさい)。

プロ野球では甲子園球場を高校球児に任せて死のロードに転戦中の阪神タイガースが、目下団子レース状態のセントラルリーグの中で僅差の首位を走っているので気分は良いが、何時急降下し、いつものダメ虎になるのではと、心配は尽きないんです。

この酷暑の中、会社仲間や友人との暑気払いの飲み会や、コンサートやらで上京の機会も多く、この猛暑連続更新の最終日、銀座界隈に出没しましたが、どこも外国人(中国系?)で一杯、銀ブラ族の大半が異国の連中?なんです。デパートで爆買いの実態にも遭遇してびっくりです。
上京のついでに上野の美術館(二科会100年展とクレオパトラとエジプト王妃展)も巡りましたが、さすがに美術館観賞は疲れます。猛暑と目の疲れからか、疲れもピークとなり、出掛けに駅前の駐車場に預けた車を忘れてバスで帰宅してしまい、かーちゃんにも見放されそうな大チョンボ。こういう類のチョンボが最近多くなり、物忘れというかボケの始まりか要注意の事態ですよね。同輩諸兄にはこんな事態は考えられませんか?

さて、今夏最大のお気に入りイベントが実現!お気に入りフアン、「夏川りみ」が流山に来たんです。
パンフレットでコンサートに気付いたのがなんと7月末、開催は9日(日)夜。
ダメモトと思いながら最終発売先(流山文化会館)にTELしてみたら、残席は端席のみ数枚と、、、翌日文化会館迄駆けつけて貴重な1枚をゲットした。
前日8日(土)夜の9時過ぎに「NHK思い出のメロデイー」で、沖縄糸満市・摩文仁の丘・平和祈念公園にLIVE出演していた本人が、翌日の夕方には流山で歌っているのには驚きと感激そのものでした。
夏川りみフアンとして始めてのコンサートは期待以上、彼女の情熱的で厚く太い体形?と声量の質と深さにも圧倒されました。
嘉納昌吉作「♪花」で始まり、「♪島唄」、「♪涙そうそう」「♪童神」とヒット曲のオンパレード、他の歌手の有名カバー曲も多く、休憩なしで2時間連続の歌いっぱなし、最後には満席総立ちで沖縄民謡の大合唱で盛り上がり超満足なコンサートは終りました。
「夏川りみ」のLIVEにはなんとか偶然にもチャンスに巡り会えたが、これからは「田川寿美」のコンサートも積極的に追っかけないと、冥土への土産に間に合わなくなると思い知らされた夕べでした。

終戦記念日(戦後70年)も終わり、お盆が過ぎれば秋の気配も忍び寄り、今年の夏も終わりを迎える。この時期の夕暮れの空の色合いが何とも侘しげに感じられるのは何故なんだろう。逝く夏を惜しみながら暮れなずむ日々を穏やかに過して往きたいもんですね。
                       以上         (2015年8月15日寄稿)
  1. 2015/08/18(火) 21:22:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kilimanjaro     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。