コールJUNブログ

コールJUNホームページを補足する。写真も掲載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私のお気に入り( 好み、フアン、趣味 )

                 平成27年7月 コールJUN 伊藤幸二
 ある著名なエッセイスト曰く、私の好きなもの、、、、、、「美人、チョコレート、イチゴ」なんてエッセイがあったような記憶があります(正確?かな)が、、、、、
目下の小生には、そんな風にカッコよくこれだという好みは絞りきれません。でも、美人は外せないけど、チョコの代わりにアイスクリーム(ハーゲンダッツ・マカデミアンナッツに嵌る)とフルーツとでも言ってみたいですね。

エブリデーサンデーの日々、日頃熱中しているお気に入りの趣味はと聞かれれば、、、ここ10年以上続けている、下手っぴーテニス、コーラス、スキーと答える事にしています。 一週間や月単位での集中(費消)時間数で見れば、読書(新聞・雑誌の講読も含めて)がダントツでしょうか。
リタイヤー後の自由時間の多さもありますが、長編歴史小説やドキュメント風のノンフィクション作品への傾倒が目下のメインです。
暇があれば読書、暇がなくても読書で、常に本や新聞、雑誌は手放せません。
寝室の枕元には常時3~4種類の本を常備して睡眠薬代わりに何かを読んでから寝入るのが毎夜のパターンなんです。
パソコンは日に1、2度は開きますが、メールを見る程度の活用。 今世紀最大の麻薬といわれるスマホは勿論、未だに携帯も扱えない化石人間なんです。
昨今偶の上京で電車に乗れば、スマホを操る若者どもの奇怪な光景?に唖然とするばかり、、、其の中に単行本でも読んでいる女性がいれば女神に見えるんです。こんな有様で若者の明るい未来は期待できるんでしょうか、、、、、、何を言うてんの、時代遅れのくそじじいと言われそう。
でも、時代遅れのアナログ世代で、、、本当に良かったとの思いですね。
最近読み終えたばかりの「街道を往く」司馬遼太郎作全43巻は、此れまで読破した作品中の最長編のエッセイ本、読了迄に約5ヶ月ほど掛かかりました。リタイヤー後に再挑戦した大佛次郎の代表作、未完の歴史小説「天皇の世紀」17巻も重量級でしたね、青春時代、最も感銘を受けた「ジャンクリストフ」や「チボー家の人々」も長編大河小説の部類で、これら重量級の小説は、読み応え充分、読了後の満足感は自己満足ながら大きな感動と深い充実感に満たされた思いがしました。
このままずるずると読書遍歴の話(司馬遼フアンの話等)を続けていては終りそうになく、又の機会にでも、趣味の映画話(洋画)のお喋りと合わせて、ブログにでも寄稿してみようかなーと思っています。
趣味の話から少し話題を変えて、、、、、今回のお気に入り話は、、、日々いちばん身近な存在であるテレビの画面にフオーカスして、手前勝手な番組や登場人物などへの好みの数々を、書き綴ってみる事にしました。

さて、朝起きてから夜寝るまで、どれだけの時間テレビを観ているんでしょう。勿論つけっぱなしでのながら族での視聴も多く、週単位でのお気に入り番組となれば小生の好き嫌いがハッキリと出る訳で、番組の内容もさることながら、フアンとなるタレントや美人アナへの思い入れも当然入ってきて、視聴の頻度に現れる訳ですね。
ニュース・報道番組から始まって、スポーツ、ドキュメンタリー、ドラマ、音楽、映画等、ジャンルも多岐にわたりますが、、、思い入れの数々を綴ってみれば、、、、、朝起きてスイッチを入れ当然ニュース番組は観る(NHKが大半)、報道番組や特集ドキュメンタリーもほとんどNHKです。家内から、偶には民放番組も観ればとの皮肉も言われるが、長年の癖かNHKへの偏向振りはどうしようもなく、ドキュメント物の特集番組になると内容、物量、質的な高さは民放の及ぶ所ではないと思って、CMの多い民放とは縁遠い関係なんです。

さて、目下の最大の注目はグランドスラムテニス大会・LIVE中継の追っかけ真っ最中なんです。(5月全仏、6月末~全英テニスの放映中・WOWOW)
毎夜LIVE中継中のウィンブルドン大会は、他の大会と違い、緑の芝生のコートに黄色のボール、選手の着るシャツ、パンツ、靴下や靴まで白色に統一され、130年近い歴史を彷彿させる美しい大会で、格式の高さでは世界でNO1の大会なのは皆さんもご存知だと思います。
錦織圭選手の活躍次第ながら、彼が勝ち進めばNHKやWOWOWテレビでの観戦で真夜中までのお付き合いとなり、寝不足が続く日々は必至なんです。
男子テニスでは以前からフェデラー選手(スイス)のフアンですが、女子プロ選手はカワイ子ちゃんばっかし?で目移りが激しく、可愛く美人だった日本の杉山愛選手の引退にはがっかり。東欧・ロシア系は美人が多く、目下はセルビアのイワノセビッチがお気に入りのNO1です(3回戦で敗退)。未だに常勝が続くセレーナ・ウィリアムズ選手(米)の強さには脱帽なれど、他の美人選手にそろそろ勝ってほしい思いですね。(此のブログの最中に、錦織選手の負傷棄権不戦敗が判明、残念)

さて、スポーツ観戦のハイライト、プロ野球(サッカーやゴルフは省略)、トラキチを自称するだけに、有線テレビの契約までして阪神タイガースの勝敗に一喜一憂しています。ここ何年も不甲斐ない成績に呆れて途中でチャンネルを切り替える事が多く、何の為に有線テレビの契約をしたのか?アホ臭くて観てられない(いくら負けていても最後まで応援するのが本当のフアンと家内のお説教にもイライラ、、、)、でも、交流戦が終ってごく最近(6月中旬以降)全く打てなかった打線が上昇の気運?、何時まで続くのか?はらはらしながらの観戦となる(此れも超ストレス)。
プロ野球でのアンチ巨人(トラキチの深層心理?)は筋金入りで、阪神が負けても、巨人さえ負けてくれれば、、、安眠の日々となる。この複雑なタイガースフアンの心理、、、、、解ります?
プロ野球選手でのお好みは、勿論トラの能見投手とルーキー藤浪投手の両エースだが、今シーズンは後半に急に崩れるパターンがままあり、このままガラスのエース?じゃ困るんです、ほんま、、、コーラス仲間にタイガースのフアンはいないんですか?ね、是非共声を掛けてくださ~い(女声フアン大歓迎)、トラの話で盛り上がりましょう。
ついでながら日本ハムの中田や大谷選手、ソフトバンクの松田、柳田選手等、パシフィックリーグには魅力ある選手が多いのが不思議ですね。
最近はセ・パ交流戦も少なくなり魅力が薄れていく傾向。セパの球団をシャッフルして入れ替えるくらいの改革が必要と思うが、、、、。
それにしても球場のプカドンの騒音だけは何とかして欲しい。最近アメリカメジャーリーグの放映も多いが、日本ほど喧しい応援は無いと思う。球の打球音やミットに収まる音が聞こえるような観戦にしないとだめだと思うんです。

スポーツはこれくらいにして、、、、、、本命のテレビドラマ、映画関連です。
小生はあまりドラマは観ない事にしています、特に夜のゴールデンタイムはあまり見ないんです。けっして嫌いなわけではないんですが、見始めると毎週のように見ることになり、そんな時間は無いし毎週連続して見れないです。
録画して後で見るなんてよほどの番組でないと、、、録画しても大体は見ないで終るので録画もムダ。でも朝ドラ番組(NHK)はながら族として見ている頻度は高いが、目下(2015・上期)の「まれ」はおもしろくないと勝手に決めて、珍しく毎朝の日課にはなっていません。
日曜夜のNHKドラマ「花燃ゆ」は目下佳境の「幕末・禁門の変」に突入。歴史上の人物の中で最大のフアン高杉晋作の活躍は見逃せないと、なんとかBS放送にて観る事にしています。
ごく最近の朝ドラ人気作、「まっさん」や「花子とアン」「ごちそうさん」は見続けましたが、主役の俳優次第なのかもしれませんね。
テレビ俳優タレントでのお気に入りの筆頭は、断然、宮崎美子(「ごちそうさん」のお静さん役)、宮本信子(映画俳優、あまちゃんの母役、映画あげまん、マルサの女等)、キムラ緑子(舞台俳優、「ごちそうさん」でのいけず小姑役)、みなさん熟女ですが、、、小生好みのお気に入りフアンなんです。
未だに現役の吉永小百合も綺麗ですよね、サユリストは永遠ですね。
昔から小生のフアン女優は、高峰秀子から始まって、オデコが似合う人、ちょっと頬高、たれ目系でしょうか。美女系よりも可愛い系?中年過ぎのちょっと太め、ふっくら系の癒し顔が好み(古代ギリシャ時代の女神が理想?)。
何を贅沢なと思われるでしょうが、見た目が9割とは言いませんが、、、、でも、異性への好みは皆それぞれが違っているからこそ、世の中天下泰平なんですよね。じじいの勝手な放言をお許しあれ。
さて、ドラマはほとんど観ないけれど、集中して観なくてもよい歌謡番組は大好き、家内も呆れる歌謡番組好き。昨今歌番組がBS系(民放主体)で増加の傾向なのも嬉しい限りです。最近嵌っている音楽大学合唱団のコーラス番組(火曜・BS・TBS、日本名曲アルバム)は必見。
ナツメロ主体の歌謡番組を垂れ流しのように観ている次第で、ど演歌も大好き。クラッシク番組は少なくなっていますが、「らららクラッシク」、「SONGS]、「題名のない音楽会」やら、他にWOWOWでの有名ミュージシャンのLIVE番組、時間が許せばメトロポリタンのオペラの中継も出来るだけ観るようにはしています。
目下の歌謡界のお気に入り歌手は、ちょっとおかめっぽい?田川寿美の大フアン。夏川リミも好き、田川寿美とは全く違うタイプなれど、どうゆう訳かあの太めで黒い瞳?が魅力。アグネスチャンやテレサテンも大好きでした。
男性では吉幾三が昔からのフアンなんです、くだけたお喋りも大好き、背が高くダブルのスーツが一番似合ってる歌手です。
ポップス系では、昔からフオークソング好きの小生には、森山良子、最近ますますエロっぽくなってきた高橋真梨子が双璧。彼女達は昭和ロマンへの憧憬を思いださせてくれる豊かな時代の象徴ですかね。昭和の歌謡曲、ポップスにはやはり珠玉の名曲が多いですもん。
さて、小生が一週間にチャンネルを廻す番組、ベスト5(歌番組以外)は、「笑点」・小遊三のフアン、「世界街歩き」、「鶴瓶の家族に乾杯」、「ためしてガッテン」、「NHKのど自慢」でしょうかね、夜のゴールデンタイムでは其の時の気分次第で観る番組が変わり、小生があまりにも勝手にチャンネルを変えるので、いつも家内は諦めて早々に寝室に退散し、中古テレビで民放のドラマや韓流ドラマを熱心に観ているようです。
他にチャンネルを廻すのは、「歴史秘話ヒストリア」、「仮設コレクターZ」「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」」等、できるだけ見る様にはしています。
アナウサーのお気に入りですが、民放を見る頻度が少ないので一概に言えないんですが、やっぱり「鶴瓶の家族に乾杯」、「ためしてがってん」司会役の小野文枝アナウサーがナンバーワンですね。週末夜七時のNHKニュースを担当する守本奈美アナウサーもウサギちゃんみたいでかわゆいです。

さて、長々と手前味噌満載のテレビ・お好みアラカルトをつづってきました、最後になりますが、最近嵌っている番組の紹介です。
皆さん夕方5時頃にテレビは何を観ています?、、、、、夕飯の準備?日暮れ時の散歩?孫のお守り?奥方のお買い物のアッシー役?、、、、昼寝の続き???
TOKYO・MXテレビ(地上デジタル9チャンネル)「5時に夢中」、マツコ(月曜)、フアンの美保純(火曜)岩井志麻子(木曜)等がコメンテイターとして出演し、下ネタ満載?ハチャメチャトーク番組。
夜9時からの「バラいろダンデイー」、も結構おもろいです、大人のお勧め番組、観てのお楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/08(水) 11:14:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<酷暑続く、2015年、、、、、夏模様 | ホーム | 五木ひろしメモリアルコンサートに出演して>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kilimanjaro.blog5.fc2.com/tb.php/144-5740e024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kilimanjaro     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。